京都大学男女共同参画推進センター / Kyoto University Gender Equality Promotion Center

各種支援制度

病児保育

京都大学医学部附属病院と連携し、看護師・保育士が常駐する安心できる環境を提供します
「京都大学男女共同参画推進センター病児保育室」(以下、京大病児保育室と呼びます)は、京都大学教職員・学生の子どもが、病中・病後のため幼稚園・保育園・学校へ登園・登校できない時、親が仕事や研究を休むことなく、子どもの保育ができる環境を提供する施設です。京大病児保育室では、京都大学医学部附属病院と連携し、看護師・保育士が常駐する安心できる環境において、病児の保育を行います(なお、京大病児保育室は、平成18年度から20年度科学技術振興調整費「女性研究者の包括的支援-京都大学モデル-」の事業の一環として設置されています)。
☆3月より、利用保育時間「7:30~18:00」・利用予約時間「12:00~18:00」に変更になりました。

現在は本学の病児保育は休室となっておりますが、地域の情報として以下のようにお知らせいたします。
京都市の情報館 病児・病後児保育実施一覧(詳細は直接お尋ねください)

利用の手引き

病児保育室ご利用の流れ

  1. 事前登録
  2. 事前診察
  3. 利用予約
  4. 来室・託児
  5. お迎え
1.事前登録

病児保育室のご利用に当たっては、原則として前日16時までに事前登録(無料)をしていただく必要があります。「利用登録票」をダウンロードし、必要事項を記入して byojih@kuhp.kyoto-u.ac.jp までEメールでお送りください。同時に身分証明書(*)のコピー(PDF可)をEメールまたは学内便(附属病院内病児保育室宛て)にてお送りください。また、登録票の内容に変更があった場合は、再登録をお願いいたします。京都大学の身分喪失時も、御連絡ください。よろしくお願いいたします。

*身分証明書:職員証/学生証/共済組合員証/労働条件通知書
上記のいずれもお持ちでない方は、事前に病児保育室にご相談ください

利用登録票フォーマット

2.事前診察

病児保育室では、病中・病後の区別なく保育を致しますが、インフルエンザなどの感染症にかかっている子どもは受け入れ対象としていません。また、重篤な症状の子どもも受け入れることはできません。したがって、入室前にこのような感染症や重大な病気にかかっていないことを、お医者さんに確かめてもらわなければなりません。
そのために、入室前の事前診察が必要なのです。また、感染症などの病気でなくても、現在の子どもの状態を把握して保育者に伝えるという意味で、事前診察は重要です。事前診察はかかりつけのお医者様、あるいは京大病院などの小児科外来でもかまいませんが、受診の上、お医者様への説明書を見せて、連絡票に記入してもらってください。

下記の感染症の診断がある場合は、予約時にお伝えください。
利用許可されていない疾患、利用許可基準

急病診療所や夜間救急では「診察医連絡票」の記載は行っておりませんのでご注意ください。
休日・祝日の翌日利用の場合は必ず事前診察を受けてください。

12月から3月は、インフルエンザの流行が懸念されます。この期間については、感染拡大防止のため、下記対応を行います。ご協力いただきますよう、お願いいたします。インフルエンザウイルス流行期の病児保育室の運営について

連絡票フォーマット

説明書フォーマット

 

通常の病児保育室を利用できない子

  • 下記伝染性疾患の急性期で、他児に感染する可能性が高い状態。
    麻疹、風疹、水痘(みずぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、インフルエンザ、ロタ、アデノウィルス感染症(プール熱、流行性角結膜炎)
  • 感染しやすく、一旦感染すれば重症になる危険性の高い状態(血液腫瘍疾患や重症心疾患、重症腎疾患、膠原病などで、免疫抑制剤を使用している場合など)。
  • 嘔吐、下痢のため脱水症状(皮膚や唇の乾燥、涙が出ない、ぐったりして元気がない、など)がある状態。
  • 喘鳴を伴う咳のため、呼吸困難である状態(喘息発作を含む)。
  • その他、医師により受け入れが不可能と判断された状態。

感染隔離室を利用できる子(感染隔離室の利用が必要と診断されている場合は、予約時にお伝えください。)

  • 上記伝染性疾患罹患後、症状軽快し、登園(校)できるまでの期間。
  • その他、医師により隔離が必要と判断される場合。
3.利用予約

病児保育室ご利用に当たっては、緊急の場合を除き、前日までに事前に予約が必要です。予約は電話で受け付けます。予約が入った順番に定員を埋めていきますので、定員(5名)になり次第、その日の受付は終了いたします。

原則として、前日予約が必要ですが、空きがあれば、利用当日の申込みを受け付けます。

予約後には、 隔離室設置のご案内について をお読みいただき、利用時に必要な病児保育室利用申込書・利用承諾書をダウンロードし、記入しておいてください。

申込書フォーマット

承諾書フォーマット

問診票フォーマット

 

予約電話番号:075-751-3090(病児保育室)
(受付時間:当日8:00~16:30前日12:00~18:00)

予約電話番号:075-751-3093(時間外受付)
(受付時間:当日7:00~8:00)→3/10より受付中止中

4.来室・託児

入室時にお持ちいただくもの

  • 病児保育室利用申込書(利用毎に必要となります)
  • 診察医連絡票
  • 利用承諾書(初回利用時)
  • 身分証・学生証(学部学生・大学院生のみ)
  • 病児保育問診票(記入できる場合のみで結構です)
  • 服用中の薬、解熱剤等の頓用薬
  • 着替え(最低3組)、フェイスタオル等(氏名を記入)
  • 着替えを入れる汚れもの入れ
  • 乳幼児の場合は、おむつ・お尻拭き
  • 乳児の場合は、ほ乳瓶、いつも飲んでいる粉ミルク
  • 離乳食の必要な子どもは、食べたことのある離乳食
  • アレルギーのある子どもは、食べたことのあるアレルギー食のお弁当とおやつ
  • 食べたことのあるおやつ
  • 若干の好きなおもちゃや本(保育室にも子ども用の書籍やおもちゃがあります)

緊急時の対応について

病児保育室では、注射や点滴などの医療行為は行いません。お子様の容態が悪くなり、治療が必要となった場合は、まず保育者から保護者の緊急連絡先に電話をして、保護者に子どもをお引き取りいただきます。
どうしても保護者と連絡がとれない場合、あるいは看護師の判断で極めて緊急性が高い場合のみ、子どもを京大病院の外来において診察を受けさせることに致しますが、その場合はご了承ください。

利用料金のお支払いについて

ご利用料金の請求は、月毎に、京都大学男女共同参画推進センターから請求書をEメールまたは研究室・職場等に学内便でお送り致しますので、期限までに指定の口座にお振込みください(恐れ入りますが、手数料はご利用者の方で負担下さい)。
期限を過ぎても振込みがない場合は、利用が制限されることもあります。