京都大学男女共同参画推進センター / Kyoto University Gender Equality Promotion Center

センターについて

 

理事・副学長 稲垣 恭子

理事・副学長
稲垣 恭子

この度センター長に就任いたしました稲垣です。どうぞよろしくお願いいたします。
グローバル化が進む中で、ジェンダー平等やダイバーシティの推進はますます重要になっています。男女共同参画センターでは、これまでの取り組みを基盤としつつ、学生や研究者の方々のネットワークを支え活躍の場を広げていけるように、さらに積極的に活動を進めていきたいと思っています。
研究生活を続けていく上では困難なことも少なくないと思います。センターでは、待機乳児や病児の保育室の開設(現在は休室中)、研究・実験補助者の就労支援、学生を対象としたジェンダー科目の実施などの支援のほか、メンター制度を設けてさまざまな相談も受けています。
また、女子学生にとって魅力ある大学であることを知ってもらうために、女子高生車座フォーラムの実施や京大の女性研究者の紹介(「青リボン」、「研究者になる!」)、卒業生の紹介(「Wil」)講演会などの広報活動も行っています。
女子学生・教員の人数は必ずしもまだ多くはない状況ですが、京都大学がのびやかで自由闊達な教育・研究の場であるように、センターのこれからの活動のありかたについても議論をしていきたいと思います。
皆さまのご協力をいただけますようどうぞよろしくお願いいたします。