京都大学男女共同参画推進センター / Kyoto University Gender Equality Promotion Center

各種支援制度

保育園入園待機乳児保育室

京都大学男女共同参画推進センターでは、学生及び研究等に携わる教職員の研究と育児の両立を支援することを目的とし、男女共同参画推進センター内に、「2020年度保育園入園待機乳児のための保育施設」を設けます。この保育施設は、自治体に保育園入園申請をおこなったが、入園待ちを余儀なくされている研究者等を対象とします。運営は、民間企業に委託し、大学が一部費用を負担して実施します。ご利用を希望される方は、下記の要項を熟読のうえ、お申し込みください。

保育室の概要

保育室ポスター

利用方法

利用の手順
1)事前登録(必須)

利用希望の方は、「事前登録票」(PDF形式DOC形式)に必要事項を記入のうえ、身分証明書(*)のコピー(PDF可)を添えて提出してください。

送付先:男女共同参画推進センター(メール送付または郵送してください。)

*身分証明書:職員証/学生証/労働条件通知書 他

(注)定員を超えることが予想される場合は、先に事前登録した方の利用が優先されます。

2)保育室利用申請書提出

入室希望日の1ヶ月前までに、「利用申請書」(PDF形式DOC形式)、「健康・身体状況伺い書」(PDF形式XLS形式)を提出してください。
送付先・方法は事前登録と同様です。
ただし、特別な事由のある場合は、事前登録票と合わせて、入室希望日の1ヶ月以内の提出でも受け付けます。
保育室入室までに自治体が発行する利用不可通知の控えを提出する必要があります。
なお、申請事項に変更が生じた場合は、「利用変更申請書」(PDF形式DOC形式)に変更内容を記載し提出してください。

3)申請結果通知書の交付

受入の可否については書類審査を行って決定し、男女共同参画推進センターから申請者に「申請結果通知書」によりお知らせします。決定にあたっては、週5日の利用を希望する方が優先されます。

4)保育室の利用

保育室の利用については、「保育室利用の手引き」(保育室利用者に配布します)を遵守し、利用してください。

5)利用の変更・停止

受入許可後に、申請内容に変更がある場合は、必ず「利用変更申請書」(PDF形式 ・ DOC形式)を提出してください。

※受入れ許可後に利用開始日の変更を希望する場合は、8(開室)日前までに「利用変更申請書」を提出してください。
※当初の利用期間を変更して退室を希望する場合は、退室を希望する日の8(開室)日前までに「利用変更申請書」を提出してください。

入室日、退室日の変更の申し出が遅延した場合は、その間に要した費用として、遅延した日数分の保育料を負担いただくことになりますので、予め、ご了承願います。

補償制度について

万一の事故の場合には、施設に起因する損害は国立大学法人総合損害保険、保育に起因する損害は運営を委託する民間企業の賠償責任保険が適用されます。

個人情報の取扱いについて

利用登録・申請において得た個人に関わる各種情報は、保育室の各業務及びそれらの業務に関する連絡・問い合わせのためだけに利用します。