Information
緊急のお知らせ

京都大学男女共同参画推進センター / Kyoto University Gender Equality Promotion Center

センターについて

実施期間終了後の取り組み

科学技術振興調整費による支援終了後は、基本的に大学独自の経費により、本事業を継続していくことになるが、本支援事業の中にあって、「患児保育施設」は、科学技術振興調整費の費用によって完備されるので、あとは、それらの施設を大学独自の経費にて維持していくことになる。一方、人件費に代表されるような、実施期間終了後における本構想計画の維持・遂行に関しては、大学として積極的に取り組む競争的研究資金の獲得の結果発生する間接経費等によって運営していくこととし、10年後における輩出する女性研究者比率20%を達成目標とする。

期待される波及効果

京都大学モデルの推進トップへ