京都大学男女共同参画推進センター / Kyoto University Gender Equality Promotion Center

各種支援制度

病児保育

過去のお知らせ

「新型コロナ感染拡大に伴う病児保育室休室延長のお知らせ 」

2020年6月10日

平素より病児保育室のご利用をありがとうございます。

新型コロナウイルス感染の拡大に伴う京大病院の方針に沿い、病児保育室では3月24日より6月末まで一旦休室とさせて頂いており、利用者の皆様には大変ご不便をおかけしていることと存じます。

しかし、国内外での感染者数の増加や近隣の複数医療機関での感染事例などの状況を踏まえまして、京大病院の対応方針が4月24日に改めて定められました。現在、感染予防のための取り組みとして、院内では、外来患者さんの受診を制限し、手術や検査等も延期しております。また、入院患者さんも病院が必要と認めた場合を除き面会禁止とさせていただいており、すべての職員が三密を避けるなど感染のリスクを少しでも低減するための行動自粛を、6月末まで求められております。

病児保育室としても、本来は病児を預かる役割を担う立場でありますが、このような状況を鑑み、病院内における感染予防のため、やむを得ず、休室時期を7月末まで、さらに延長して対応させていただくことに致しました。

現時点では再開室時期についてはまだお知らせすることができませんが、今後の状況に応じて、皆様に安全に御利用していただけるよう、決定次第、随時お知らせ致します。

ご不明な点がございましたら、男女共同参画推進センター(TEL:075-753-2437 E-mail:w-shienアットマークmail2.adm.kyoto-u.ac.jp (アットマークを@に置き換えてください)までお問い合わせください。
ご理解、ご協力の程どうぞよろしくお願い致します。

 

「新型コロナ感染拡大に伴う病児保育室からのお知らせ」

2020年4月20日

病児保育室 休室期間延長について(4月20日更新)

新型コロナウイルス感染の拡大に伴う京大病院の方針に沿い、病児保育室では3月24日より4月末まで一旦休室とさせて頂いております。
しかし、国内外での感染者数増加など状況の変化に伴い、京大病院の対応方針が4月6日に改めて定められましたので、病児保育室としても休室期間を5月末までに延長することが決定されました。
大変ご不便をおかけすることと存じますが、ご理解、ご協力のほどどうぞよろしくお願いいたします。

2020年3月23日

「新型コロナ感染拡大に伴う病児保育室休室のお知らせ」

新型コロナウイルス感染の国内拡大に伴う京大病院の感染予防対応に沿い、病児保育室では3/10より、京大病院での事前診察受付中止及び一部利用制限を行っており、利用者の皆様には大変ご不便をおかけしております。

利用規約を変更後1週間が経過しましたが、このような厳しい利用条件下での利用は殆どなく、また現時点で京大病院の対応が4月末まで続く予定であることを鑑みて、学内で協議の結果、当病児保育室では3月24日から4月末まで休室とさせて頂く事になりました。

詳しくは、新型コロナ感染拡大の伴う病児保育室のお知らせをご覧ください。

2020年3月10日

「新型コロナ感染拡大に伴う利用規約の変更について(お知らせ)」

新型コロナウイルス感染は軽症の場合、感冒との鑑別は困難ですので、京大病院の方針に従い、当病児保育室では当面の間、以下の対応を取らせて頂く事になりました。

1、事前診察は京大病院以外の病院で受けてください。救急外来や京大病院小児科では事前診察は受け付けません。
2、37.5℃以下へ解熱後24時間経過、あるいは以下の<利用可>に該当する疾患と確定されている場合のみお預かりします。

詳しくは、新型コロナ感染拡大の伴う利用規約の変更についてをご覧ください。
かかりつけ医を受診する際、診察医連絡票と一緒に上記を印刷して持参してください。