ホーム > 育児・介護 > 病児保育

病児保育

京大病児保育室とは

「京都大学男女共同参画推進センター病児保育室」(以下、京大病児保育室と呼びます)は、京都大学教職員・学生の子どもが、病中・病後のため幼稚園・保育園・学校へ登園・登校できない時、親が仕事や研究を休むことなく、子どもの保育ができる環境を提供する施設です。京大病児保育室では、京都大学医学部附属病院と連携し、看護師・保育士が常駐する安心できる環境において、病児の保育を行います(なお、京大病児保育室は、平成18年度から20年度科学技術振興調整費「女性研究者の包括的支援-京都大学モデル-」の事業の一環として設置されています)。

保育室の空き状況


現在、前日・当日予約のみ受け付けています。

利用予約は「利用の手引き」をご覧いただき手順に従ってください。

病児保育室の概要

設置場所 京都大学医学部附属病院 外来棟5階
※東玄関(東大路通沿い)から入ってすぐ右のあるエレベーターで5階です。(Webサイト
対象者 京都大学教職員及び学生の子どもで、病中・病後の子ども
対象年齢 生後6ヶ月から小学校3年生
定員 5名(隔離室を含む)
開室日 月曜日から金曜日
(国民の祝日に関する法律に定める休日、大学の創立記念日、大学の定める夏季・冬季休業期間を除きます。また、京都大学男女共同参画推進センター長がやむを得ない事情により必要と認めたときは、臨時に休室することがあります。)
保育時間 7時30分から19時
料金 子ども1人につき、1時間あたり 500円(昼食・おやつ代を含みます)
※保護者が学生の場合は、保育料金の半額を大学が負担します。
保育体制 看護師、保育士
利用方法 事前登録制(無料)・予約制

原則、利用希望者は前日16時までに「利用登録票」に下記いずれかの証明書を添えて登録ください。
職員証/学生証/共済組合員証/労働条件通知書
上記のいずれもお持ちでない方は、前日16時までに未登録の方は、事前に病児保育室にご相談ください。

利用予約は、前日12時00分から19時・当日7時から16時30分までに電話で御連絡ください。
利用の際には、事前にかかりつけ医等で「診察医連絡票」をもらう必要があります。
急病診療所や夜間救急では「診察医連絡票」の記載は行っておりませんのでご注意ください。
京大病院の小児科外来(午前8時15分から午前11時まで受付)も利用可能です。8時15分までに来院される場合は時間外受付→救急外来で診察を受けてください。

※本室は、国立大学法人総合損害保険および国立大学附属病院損害賠償責任保険が適用されます。