ホーム > 育児・介護 > ベビーシッター利用育児支援

ベビーシッター利用育児支援

京都大学男女共同参画推進本部では
ベビーシッター利用育児支援を行っています。

京都大学男女共同参画推進本部では、本学における教職員の仕事と子育ての両立支援を目的として、「ベビーシッター育児支援割引券」を発行して、ベビーシッターによる在宅保育サービス事業を行う者(以下「ベビーシッター事業者」という。)が提供するサービスを利用した場合に、その利用料金の 一部を助成しています。
対象事業は以下の2つです。
①ベビーシッター派遣事業
②双生児等多胎児家庭育児支援事業
詳しくは、こちらをご覧ください。

【注意事項】

○割引券発行枚数の上限は、1家庭につき①:280 枚、②:2 枚まで。

○最初の利用方法

 1 ベビーシッター事業者
   (下記 URL もしくは別紙に掲載されている「割引券取扱事業者」)
   から選んだベビーシッター事業者と事前に請負契約をする。
   (http://www.acsa.jp/htm/babysitter/ticket_handling_list.htm

 2 下記の必要書類を人事課職員掛まで直接お持ちいただくか、
   学内便等でお送りください。

 1) ベビーシッター利用育児支援事業初回利用申込書【別紙】
 2) ベビーシッター事業者との利用契約書(請負契約書)の写し
 ※以下のことが明記されているかご確認ください。
   ・ベビーシッター事業者の住所・名称・代表者氏名
   ・利用者の住所・氏名
   ・サービス内容・料金
   ・その他必要な事項
 3) その他必要書類
  ①については、配偶者の在職証明書等
   (配偶者が本学教職員の場合にはその旨を申告)
  ②については、子供の年齢・人数がわかる書類
   (扶養に入っている場合にはその旨を申告)

 3 学内便等で割引券が届きましたら、利用者記入欄に記入の上、
   利用時にベビーシッターに割引券を渡してください。
   ベビーシッターが「報告用半券」を返却しますので、
   必ず受け取ってください。

 4 割引券利用後の「報告用半券」は、翌月5日までに総務部人事課職員掛へ
   学内便等で提出し てください。

○2回目以降の利用方法

 1 割引券の発行依頼を E メールにて、人事課職員掛までお送りください。
  ---------------------------
   ベビーシッター育児支援割引券発行依頼(2回目以降)
   所属・職名 :
    氏   名 :
   利 用 月   : 平成  年  月  
   希 望 枚 数 :     枚
  ---------------------------
 2 割引券が届いた以降は、最初の利用方法3、4と同じです。

○利用するベビーシッター事業者を変更した場合

 ベビーシッター事業者変更届【別紙】を、E メールに添付して、
 人事課職員掛までお送りください。
 なお、変更届の提出と割引券の発行依頼を同時に行う場合は、
 変更届に発行希望枚数等を記載してください。

○制度自体に関しましては、下記 URL より公益社団法人全国保育サービス協会 HP をご覧ください。

 (http://www.acsa.jp/htm/babysitter/

ベビーシッター派遣事業等を利用する際の手続きについては、概要をご覧ください。
※概要は手続き概要を示している資料です。詳細をご理解いただくために、
 必ず「ベビーシッター利用育児支援制度について」をお読みください。

担当:男女共同参画推進本部(総務部人事課職員掛)
(内)本部16 2283
E-mail g-e アットマーク mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
(アットマークを@に置き換えてください)