京都大学男女共同参画推進センター / Kyoto University Gender Equality Promotion Center

コラム

探していた原典を見つけた瞬間鳥肌が立つほど興奮しました

人文科学研究所 助教 宮 紀子

  • 京都大学文学部卒業
  • 大学院文学研究科修士・博士後期課程
  • 南京大学留学
  • 京都大学人文科学研究所助教
研究テーマ:
13~15世紀のモンゴル時代の政治と文化

モンゴル時代に編纂された多言語の書物を通して、イベリア半島から日本に至る、ユーラシア東西の文化交流の実態を研究しています。
もともとは、同時期の、中国の口語で書かれた文学作品を研究していました。
博士後期1年次、政治や裁判に関する記録を収めた『元典章(大元聖政国朝典章)』を読んだことがきっかけで、時代状況を多角的に、より詳細に知りたくなり、今の研究を始めました。
中国の南京大学へ留学していたときは、全国各地の図書館の貴重書が大型叢書として出版されたり、外国人も自由に閲覧できる環境になっていたおかげで、それまで誰も見られなかった文献にも接することができました。
ペルシヤ語に翻訳された中国史の原典を探していたとき、北京大学図書館の目録に気になる題名を見つけ、その本を見せてもらったら予想が的中していて、すごく興奮しました。
その感覚をもう一度味わいたくて、今まで研究を続けてきたような感じです。
限られた研究人生だからこそ、鳥瞰図のように全体を見渡して、新しい研究テーマを選ぶようにしています。
そして自分の研究の実寸、意義を見失わず、謙虚に取り組むよう心がけています。